午前中、DVDでテイラー・ハックフォード監督の「カリブの熱い夜」を観て、恵比寿へ。

午後12時50分、恵比寿ガーデンシネマでヴィム・ヴェンダース監督の新作「アランフエスの麗しき日々」を観てまいりました。帰途、白金高輪へ。高輪図書館に寄ってきました。

小池真理子の映画エッセイ「恋愛映画館」を読み終わる。

☆「カリブの熱い夜」(1984)監督 テイラー・ハックフォード 出演 ジェフ・ブリッジス、レイチェル・ウォード、ジェームズ・ウッズ、ソウル・ルビネック、リチャード・ウィドマーク、ジェーン・グリア、アレックス・カラス、ドリアン・ヘアウッド、スウージー・カーツ

元フットボールの花形選手テリー・ブローガンが失業して、探偵仕事を引き受ける。追うは、ロサンゼルス社交界の花、ジェシー・ワイラー。
空疎な生活を嫌ってカリブ海に逃げる彼女とにわか探偵は当然のごとく恋に落ちるが、そこへ財産目当ての恋人ジェイク・ワイズが絡んで、話しはややこしくなり……。