ディーン・フジオカってよく知らないけど、彼のPVみたいな映画だったかな。まあ、結婚詐欺師にはうってつけのキャラ、俳優かもね。その点では良かったけど、ストーリー的にはどーもテンポが悪いと言うか、結末もよく分からなかったかな。。。
結婚詐欺師の古海(ディーン・フジオカ)は、相棒であるるり子(柊子)と共に、小説家や空間コーディネーターなどのさまざまな職業の男性に成りすまし、持ち前の色気で世の女性たちを翻弄していた。だが驚くべきことに、彼自身は妻の初音(貫地谷しほり)と幸せな結婚生活を送っていた。そんな彼に騙された女性(安藤玉恵)が私立探偵(古舘寛治)を雇い、古海の素性を探り始める…。
序盤は古海の結婚詐欺師のテクニックを描きつつ、こんな男だったらホイホイと引っかかるんだろうな、普通に騙されるだろうな、なんて思いつつ。その中で、妻との関係が、どこか怪しげに描かれて行く。
その後、探偵が動き出したことで、古海に騙された女たちが偶然に繋がり、古海の行方を探し始める。
終盤は、古海の過去にまつわる物語が明らかになって行くミステリー調。果たして、騙した男と騙された女たちが、欲望の果てに見た真実とは?
まあ、真実は一応分かったけど、だからって結婚詐欺師に繋がるのか…?
ディーン・フジオカの演技って初めて観たけど、まずまずだったかな。
被害者の女性たちもそれぞれでしたね。皆さん良かったですね。中では松本若菜がキレイだった。
最近、井上荒野原作の映画化、ドラマ化が続くが、自分にはあんまりなんだよな。これは、原作が原因なのかちょっと判断が難しいが^^;