「ちょっと、待った!」

 それは何だと尋ねると、老母、平然として宣わく。

 「スープよ」

 トーストに、サラダに、スープ、というのは、軽めの朝食の定番かも知れない。さっきのサラダにも異議はあるが、今出てきたのは、絶対スープではない! 何となれば、缶のラベルに

 「ボルシチ」

 と書いてあるではないか!!!

 昨夜、台所の流しの側に、問題の缶詰が、でん!と置かれていたので、まさかとは思っていたのだが、本当に出してくるとは!
 以前にも、朝食に、「スープ」と称して、でっかい肉の塊がゴロゴロは行った「タンシチュー」を出してきた前科があるので、「シチューはスープではない!」ということを散々言って聞かせたつもりだったのだが、「シチュー」の文字がない「ボルシチ」には、確かに言及していなかったのは、こちらの落ち度と言えば落ち度かも知れない。
 しかしながら、いくら「シチュー」と書いていないからと言って、ラベルに書かれた写真を見れば、「ボルシチ」という名前を、仮に聞いたことが無くても、どういうものか、分かりそうなものを・